ブログ

馬房修理

2015-10-26

こんにちは。
 
 
先日、いただいたご寄付を使い馬房の修理を行いました。
 
馬房の修理前
 
 
 
 
 
ふれあいファームの馬房は地面にオシッコが溜まるように穴が空いています。
 
馬がオシッコをしたあと、オシッコがこの穴に寝藁をつたい集まってくるように穴に向かって少しだけ傾斜をつけた作りになっています。
 
穴には木で作った蓋があり、オシッコが貯まると捨てられる仕組みになっています。こうすると寝藁がビショビショにならず、掃除も楽になります。
 
その穴のまわりの土が削れてきて傾斜がなくなってしまったのと、段差があると馬が爪を引っ掛けたりして危ないので冬が来るまえに作業をしました。
 
最初、セメントを流し込み穴を平らにする方法を試しました。その写真が下↓
 
 
セメントで修理
 
 
 
 
 
上手く行った(^^)と思ったのも束の間、翌日確認するとセメントにヒビが・・・
 
馬の体重には耐えられなかったようです(>_<)   そして色々検討した結果、セメントではなく砂利と土を叩いて地面と固めるのがいいのではないかとうことになり、下の機械を1日2030円で借りることにしました。         プレートランマー
 
 
 
 
 
この機械はプレートランマーといいます。砂利はいただくことができました。
 
全部で11馬房。まずは、デコボコになった穴の周りを削り斜め平らにし、砂利と土を混ぜてプレートランマーで叩きました。
 
 
プレートランマーで叩いた後
 
 
 
 
 
完成!周りとの境もいい感じです。
 
 
いただいたご寄付で馬たも馬房内で過しやすくなり、私たちも作業がはかどる用ようにすることができました。
 
ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 




コメント3件

  • 杉山孝子 | 2015.10.26 22:11

    馬たちの生活も少し向上したようですね、良かった良かった
    少しでも長生きして欲しいものです。
    また北海道に行きましたら必ず寄りますね、それまで
    元気でね。

  • F.T | 2015.10.27 11:08

    馬房にも いろんな工夫がされているんですね!
    馬が好きなのに全然知りませんでした
    汚れた部屋より綺麗な部屋の方が皆 いいにきまってますよね!

    知らない事だらけで勉強になります!

  • fureai | 2015.11.04 21:22

    杉山さん、F.Tさん、コメントありがとうございます!みんな快適に過ごしています。また、隠れた工夫?を公開していきますね!



コメントを書く







コメント内容